BBCびわ湖放送番組モニターを1年間務めた感想

BBCびわ湖放送は滋賀県唯一の民間テレビ局ということで、
地域密着の番組を多く制作しています。
しかしながら滋賀県民にとっては、
テレ東系の番組を見るためのテレビ局というイメージかもしれません。

びわ湖放送では毎年、番組モニターを募集しています。
わたしは2015年4月~2016年3月の1年間任命されました。
番組モニターのお仕事内容や、感想についてご紹介します。

びわ湖放送での説明会

4月にモニター説明会としてびわ湖放送に招待されました。

当時の記事はこちらにあります。
びわ湖放送を見ていると変なタイミングでCMが入ることがありますよね。
あの謎についても教えてもらいました。

BBCびわ湖放送に行ってきました
びわ湖放送に行ってきました! こんなふうに書くとテレビ出演を果たしたみたいですが そういうわけではありません。 2015年度のびわ湖放送のモニターに応募したところ採用され、 説明会のために...

子どもなら社会科見学で放送局に行くことがあるかと思いますが、
大人になるとなかなか行く機会がありません。
テレビで見慣れたスタジオに入るとテンションが上がりますね。

モニターアンケートの内容

モニターアンケートは5回に分けて届きました。
5月、8月、11月、12月、1月の5回です。

Wordファイルのアンケートが2番組分添付されており、
番組を見てから記入して返送します。

対象番組はびわ湖放送が制作している番組です。
キラりん滋賀、滋賀経済NOW、テレビ滋賀プラスワンや
花火大会中継、年末年始特番が対象となっていました。

番組は必ずしもリアルタイムで見る必要はなく、
録画で見てもOKということになっています。

アンケートは30分もあれば記入ができます。
あまり興味のない番組も見る必要がありましたが
モニターのためなのでしっかり見ました。

ほかの人の回答も見られる

締め切りからしばらくすると、メールで報告書が送られてきます。
報告書にはモニター全員の回答が載っていて、
「他の人はこんなふうに感じたのか~」と楽しく読みました。

わたしはいつも辛口なことを書いていたので
ちょっと申し訳ない気持ちになってしまいました。

モニターは全部で15名でしたが、
回答者数13名と書かれていることもあり、
必ずしも全員が回答しているわけではないみたいです。

報酬がもらえる

報酬はモニター期間が終わってから一括で支払われました。
指定の口座に振り込んでもらえます。

アンケート1本でいくらと決まっているため、
回答した分だけ報酬が増えます。

びわ湖放送を身近に感じられるようになった

わたしがびわ湖放送で見ている番組は、
モヤモヤさまぁ~ず2、ローカル路線バスの旅、妖怪ウォッチなど、
テレ東系の番組ばかりです。
びわ湖放送があってくれて良かったと思っていたものです。

しかしモニターをやってからびわ湖放送に親近感がわいて、
キラりん滋賀も見るようになりました。
NHKのおうみ発630も気になるので、ザッピングしながら見ています。

もう一度モニターをやりたい!

モニターをやったことで特に困ったことはなく、
できることならもう一度やりたいぐらいです。

2年連続は採用してもらえないと思い、今回は応募しませんでした。
「もう応募しないでください」とは言われていないので、
時間を置いたら採用されるかもしれません。

例年募集は1月~2月にあります。
やってみたい方はチェックしてみてくださいね。
BBCびわ湖放送モニター募集

The following two tabs change content below.

宮島ムー

いろいろブログやってます運営ブログ一覧とプロフィール
滋賀県大津市に住む子育て中の主婦です。大津市に関するローカルな話題を発信しています。Twitterもフォローしていただけるとうれしいです!(@muumemo)
スポンサーリンク

シェア大歓迎です!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えを半角数字で入力してください *