滋賀県の県政モニターを1年間務めた感想

平成28年度(2016年度)滋賀県の県政モニターを務めました。
県政モニターは年に15件~20件程度、
インターネットで県政に関するアンケートに回答します。

わたしはこのモニター活動を通して、
県政がどんなことをしているのか興味を持つことができました。
個人的な感想についてご紹介します。

滋賀県の県政モニターの条件

滋賀県では、以下のすべての条件に当てはまる人をモニターとして採用しています。
各地域・各世代の400人が選ばれます。

  • 滋賀県在住の満15歳以上の人
  • 県政に関心を持ちモニター活動ができる人
  • インターネットが利用できる人(スマホ・タブレットOK)
  • 議員や常勤の公務員以外の人

滋賀県の県政モニターの仕事

モニターの仕事は3つあります。

アンケート

これが主なお仕事です。
だいたい月に1回程度、メールでアンケート依頼が送られてきます。
メールに載っているリンクをクリックして、回答画面に進みます。

アンケートは選択式で、最後だけ意見を書く欄がありました。
結構ボリュームのあるアンケートで、資料を見ないと回答できない問題もあります。
その過程で「県ではこういうことをしているのか~」と勉強になりました。

過去のモニターアンケートの結果は公式サイトで見ることができます。
県政モニターアンケート集計結果

自由通信

県政への意見やアイデアを自由に送ることができます。
個人的なクレームや、国・市町への意見はNGとのこと。
提出するかしないかも自由で、わたしは一度も送信しませんでした。

モニタートーク

県政モニターを対象とした意見交換会があります。
希望者だけの参加です。

もらえるもの

はっきり言って気になるのは「何がもらえるか?」ということでしょう。
平成28年度のモニター活動では、開始時と終了時の2回、郵便が届きました。

モニター開始時

モニター開始にあわせて、委嘱状とモニターの手引きが届きます。
委嘱状は三日月大造知事の名前入りです。

滋賀県政モニターの手引き

滋賀県立近代美術館と、滋賀県立琵琶湖博物館の招待券も付いていました。
近代美術館のチケットはかなり古いみたいで、
郵便番号が5桁、市外局番が0775になっています。
まだ使えるのでしょうか……。

モニター終了時

モニター終了時には、三日月大造知事からのお手紙と、
1,000円分の図書カードが届きました。
県政モニターの謝礼とお手紙

手引きに「モニター活動を一度もしていただけなかった場合はお渡しできません」と書いてあります。
アンケートの回答数は関係なく、1,000円分なのではないでしょうか。

県政モニターの感想

空き時間にアンケートに答えるだけなのでそれほど大変ではありませんが、
リターンも少ないので、報酬目当てでやるのはおすすめしません。

アンケート内容もお堅いものが多いので、
県政について多少興味がある人がやったほうがいいと思います。

残念ながら新年度のモニター募集は終わっていました。
来年以降、興味のある方は応募してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアはこちらからどうぞ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えを半角数字で入力してください *