大津百町新聞第7号(2018年9月号)発行、今回は大津祭特集です

先日、大津百町新聞第7号が発行されました。
今回の大津百町新聞は大津祭特集。
わたしも記事を書いているので、ぜひお手にとってご覧ください。

大津百町新聞第7号

大津祭の話題

大津百町新聞では龍門滝山の中林兄弟、
大津祭曳山連盟理事長の元田さん、
長柄衆世話人の小杉さんにインタビューしました。

このうちわたしが担当したのは小杉さんの記事。
わたしは大津に住んで9年が経ちますが、大津祭のことはほとんど知らず、
大津祭に携わる人とは距離があるように感じていました。

小杉さんはもともと枚方の出身で、大津には26年前に引っ越してきました。
女性として初の曳き手となり、その後は長柄衆として大津祭に関わっています。

大津祭は地元に長く住んでいる人だけがやっているのだと思っていたのですが、
実はそうではないのですね。

長柄衆は「まちなか大学大津祭学部」で学べば誰でもなれるそうで、
「そうなんだ~」と目から鱗が落ちた気分でした。

記事では小杉さんの熱いお話をまとめていますので、
ぜひ読んでみてください。

ほかにも話題が盛りだくさん

いよいよ今週末は大津祭です。
今年は台風の影響でイベントの中止が相次いでいますが、
果たして大津祭はどうなるでしょうか。

ほかにも忍者からあげ「橘屋」オープンの話題や、第2回坊主めくり大会の話題、
第1回競技かるた世界大会の記事などが掲載されています。

大津百町新聞はナカマチ商店街や大津駅前の観光案内所に置いてありますので、
ぜひご覧ください。

忍者からあげ橘屋がオープンしたときのオオツメモの記事はこちら

大津市長等に新オープン!忍者からあげ「橘屋」に行ってきました
フレンドマート大津なかまち店の向かいに「橘屋」がオープンしました。 2018年7月15日からオープンしているこちらのお店。 秘伝のたれを使った「忍者からあげ」が看板メニューです。 店内で食べられ...
スポンサーリンク

シェアはこちらからどうぞ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えを半角数字で入力してください *