野洲市のめんたいパークびわ湖に行ってきました

先日、野洲市にある「かねふくめんたいパークびわ湖」に行ってきました。

明太子をテーマにした施設で、明太子ショップ、工場見学ゾーン、フードコーナー、子どもの遊び場があります。
入場無料で楽しむことができて、近所にあったら毎週行きたいスポットでした。

かねふくめんたいパークびわ湖

かねふくめんたいパークびわ湖は野洲市吉川、さざなみ街道沿いにあります。
2021年12月10日、鮎家の郷の跡地にオープンしました。
かねふくめんたいパークびわ湖

普段は公共交通機関で移動している我が家ですが、ここは最寄りのバス停から2km以上あるため、車で行きました。

めんたいパーク入口

入口では氷川きよしさんのパネルがお出迎えしてくれます。
年輩の人たちもパネルと一緒に写真を撮っていて、さすがスター! と思いました。

かねふくめんたいパークびわ湖の入り口

館内では「ピリッとかねふく明太子~♪」ではじまるかねふくのテーマソングが流れています。
通常バージョンと氷川きよしバージョンがあって、耳に残りました。

明太子ショップ

明太子ショップでは、工場直売の明太子をはじめ、明太子ラー油や明太子入りソーセージなどの加工品が購入できます。
できたて明太子の試食もありました。

そもそも「たらこと明太子の違いって何?」という、今さら聞きづらいような基礎知識も解説されています。
かねふくめんたいパークびわ湖のたらこと明太子の違い

工場見学ゾーン

工場見学ゾーンでは、ガラス張りの部屋で実際に明太子を作っているところが見られます。

明太子についての豆知識も書かれており、「そうなんだ~」と見識を深めることができました。
かねふくめんたいパークびわ湖のめんたいこ豆知識

フードコーナー

フードコーナーでは明太子を使ったおにぎりやパスタが食べられます。

フードコーナーのメニュー

かねふくめんたいパークびわ湖のメニュー1

かねふくめんたいパークびわ湖のメニュー2

肝心な食べ物の写真を撮っていなかったのですが、おにぎり(390円)はとにかく大きかったです。
野洲のおっさんおにぎり食堂のおにぎりよりも一回り大きいぐらい。
紅鮭とたらこは辛くないので、子どもでも食べられます。

湯茶サービス

お茶が飲み放題なのもありがたかったです。
手洗い場も完備されていました。

かねふくめんたいパークびわ湖のお茶サービス

子どもの遊び場

屋外には琵琶湖がよく見える広場があります。

かねふくめんたいパークびわ湖

上空を飛んでいるトンビが食べ物を狙って降りてくるので、外では飲食しないほうがいいです。
(トンビに襲われておにぎりを落としている人を見かけたので)

ふわふわ遊具

ふわふわ遊具では子どもたちがぴょんぴょん飛び跳ねていました。
かねふくめんたいパークびわ湖のふわふわ遊具

室内遊び場

室内にも遊具があり、雨の日でも遊べます。
すべり台やボルダリングなど、充実していました。
かねふくめんたいパークびわ湖の遊び場

思いのほか楽しかったです

これまで明太子には思い入れがなく、出されたら食べるけれど、自分で買ってまでは食べない食品でした。
しかしめんたいパークでおにぎりを食べたり、明太子入りソーセージを買ったりして、身近に感じられるようになりました。

興味のある方はぜひ足を運んでみてください。

めんたいパークびわ湖 - めんたいパーク | 明太子のテーマパーク
めんたいパークびわ湖は、滋賀県びわ湖付近にある、明太子の老舗かねふくが運営する明太子専門テーマパークです。来て楽しい、知って楽しい、食べて楽しい。できたて明太子の直売店やフードコーナーなど。家族連れや...
タイトルとURLをコピーしました