おごと温泉湯元舘を満喫してきました(2021年3月)

3月の終わり、おごと温泉湯元舘に行ってきました。
滋賀県民向けの割引プランで、貸切風呂も堪能できました。

その後また出かけづらい状況になってしまったので、気分だけでも振り返っておこうと思います。

おごと温泉 湯元舘

湯元舘は大津市苗鹿、おごと温泉にあります。
予約サイトではハイクラスに分類されていて、価格帯も高めですが、クーポン次第で安く泊まれることがあります。

送迎

湯元舘はJRおごと温泉駅だけでなく、ケーブル坂本駅、JR比叡山坂本駅、京阪坂本比叡山口への送迎をしています。

我が家にとっては坂本比叡山口まで来てくれるのがとてもありがたいです。
びわ湖浜大津駅から乗り換えなしでアクセスできるので、とても楽でした。

びわ湖浜大津駅で電車に乗るときに電話をしておいたら、坂本比叡山口駅の出口で待っていてくれました。

こちらは2021年3月まで期間限定で走っていた「麒麟がくる」電車。
坂本比叡山口「麒麟がくる」電車

送迎バスで湯元舘に到着。
桜が見えるルートを通ってくれて、車窓からお花見を楽しめました。
湯元舘と送迎バス

お部屋

いつもお部屋の写真を撮り忘れがちなので、入ってすぐに撮りました。
一番リーズナブルなお部屋ですが、それでも十分な広さがあります。

飲み物は煎茶、ほうじ茶、紅茶、コーヒーが淹れられるようになっていました。
お菓子はフィナンシェとおかきがあって、テンションが上がりました。
湯元舘の部屋

お風呂

湯元舘には4ヶ所のお風呂があります。

月心亭11階、南館5階、南館8階、南館2階と、全部回るのはちょっと大変ですが、娘は探検気分で楽しんでいました。

湯幻逍遥

中でも娘が気に入っていたのが南館5階の湯幻逍遥です。
広々とした露天風呂とミストサウナがあります。
石のトンネルや寝湯が楽しいです。
湯元舘の館内

貸切風呂

貸切風呂は「木の香」と「石の音」の2種類です。
料金は50分3,000円ですが、今回はプランについていました。

「石の音」には内風呂と露天風呂があります。
内風呂は暗くてうまく写真が撮れなかったので、露天風呂のほうです。
湯元舘の貸切風呂

食事

夕食会場が個室なのも湯元舘のいいところ。
テレビもあるので、家にいるような感覚で食べられます。
湯元舘の食事会場

夕食

「認証近江牛とバームクーヘン豚を味わい尽くす会席」です。
アレルギー対応もしてもらえました。
湯元舘の夕食

豚角煮

湯元舘名物、豚の角煮です。
じゃがいもピューレとの相性が抜群。
毎日食べたいおいしさです。
湯元舘の角煮

デザート

ゼリー、ミニ大福、フルーツと大満足のデザート。
湯元舘の夕食デザート

子どもメニュー

通常小学生にはミニ会席が出るのですが、娘は少食のため、未就学児向けの洋食メニューにしてもらいました。
ハンバーグ、カレー、サラダ、スープと好物ばかりで喜んで食べていました。
湯元舘の子ども用夕食

朝食

朝食はごはんがすすむメニューです。
味噌汁には大津市中央の九重味噌を使っているそう。
湯元舘の朝食

温野菜のカレーソースがおいしかったです。
湯元舘の朝食の温野菜

最高の1泊2日でした

2020年春以降遠くに行けない状況になり、何度かおごと温泉を訪れました。
温泉に入っておいしい料理を食べて、非日常を味わうことができます。

今は積極的におすすめしづらい状況ですが、近くで一泊するには最適です。
特に「おごと温泉行ったことがない」という人は、機会を見て足を運んでみてはいかがでしょうか。




おでかけ
オオツメモ
タイトルとURLをコピーしました