徒歩でスーパーホテル大津駅前に泊まってきた話

スーパーホテル大津駅前に泊まってきました。

皆さんご存じのとおりわたしは大津市在住。
泊まることはないと思っていた近所のホテルに泊まるのは新鮮でした。
どんな感じか紹介していきます。

スーパーホテル大津駅前の外観

泊まることになった経緯

スーパーホテル大津駅前に泊まった理由は、じゃらんの3,000ポイントが5月31日で期限切れだったからです。

いつもだったらじゃらんから予約できるレストランで使っていたのですが、コロナウイルス感染防止のためレストランは軒並み休業中。
宿泊を伴う遠出もできない状況ですが、3,000ポイントを放棄するのは惜しいという思いから、白羽の矢が立ったのがスーパーホテル大津駅前でした。

スーパーホテルのここがすごい

スーパーホテルは過去に名古屋、秋葉原、新横浜で利用したことがあります。
特に娘が気に入っていて、大津駅前のスーパーホテルにも泊まってみたいと言っていました。

安い

スーパーホテルの一番の魅力は安さ。
わたしが泊まった日は大人2人+小学生1人で1泊朝食付き5,400円でした。
期間限定ポイント3,000ポイントと、通常のじゃらんポイントを合わせて実質無料で泊まれました。

ほかのスーパーホテルも安いです。
店舗や時期、人数によって異なりますが、名古屋のスーパーホテルはゴールデンウイークでも家族で9,000円でした。
未就学児は無料なので、さらにお得です。

朝食無料

スーパーホテルはすべてのプランで朝食付きです。
いつもはバイキングですが、今はコロナウイルス感染防止のためお弁当でした。

スーパールーム

スーパールームはセミダブルベッドにロフトベッドがついた、2段ベッドの部屋。
セミダブルベッドに子どもと大人1人、ロフトベッドに大人1人が寝られるので、3人で泊まるにはちょうどいいです。

スーパーホテル新横浜のスーパールーム
(写真はスーパーホテル新横浜

ただ、部屋全体はベッドとちょっとしたテーブルで占められていて、だいぶ狭いです。
このあたりはお値段相応という感じ。
定員は3人までというところが多く、4人以上の家族には使いづらいかもしれません。

大浴場付き店舗も

スーパーホテルで「これはちょっとな~」と思うのがバスルーム。
洗面台は顔を洗うにも一苦労な小ささです。

スーパーホテル大津駅前の洗面所

大津駅前にはついていませんが、スーパーホテルの一部店舗には大浴場があります。
大浴場付きのスーパーホテルは少し高めになるものの、他のホテルと比べたら安いです。
東京など複数のスーパーホテルがある場所では、大浴場付きの店舗にすることを強くおすすめします。

枕が選べる

スーパーホテルのフロントには枕コーナーがあります。
部屋にも枕が備え付けられていますが、こうして並んでいると試してみたくなります。

スーパーホテル大津駅前の枕コーナー

ロハスにこだわりがある

スーパーホテルは環境に配慮したロハスホテルをうたっています。
マイ箸やマイ歯ブラシを持参するとお菓子がもらえるサービスも。
連泊の際、お部屋の掃除を断るとミネラルウォーターがもらえます。

スーパーホテル大津駅前のLOHAS

Wi-fi速度が良好

スーパーホテルは全室Wi-fi無料。
部屋に書かれたパスワードを入れて接続するタイプです。

さすがにここには書きませんが、ロハスに関係したパスワードなので、「徹底してるな」と思いました。
わたしが今まで行ったスーパーホテルはどこも同じパスワードで、一度設定していると部屋に入ってすぐつながります。
速度も良好で、動画もちゃんと見られます。

スーパーホテル大津駅前旅行記

ここからはスーパーホテル大津駅前の感想です。

過去最短旅行

スーパーホテル大津駅前は京町三丁目の交差点そばにあります。
大津駅からはちょっと距離があるので、すぐ駅前を想像すると騙された感じになるかもしれません。
中央大通りを琵琶湖側に向かって歩き、5分ぐらいでしょうか。

スーパーホテル大津駅前

宿泊当日、家で晩ごはんを食べてから出かけました。
自宅からホテルへ徒歩で移動という、過去最短の旅行です。

通常ホテルに泊まるときには一日歩いて疲れているはずなのに、この日はまったく疲れていなくて、「何しに来たんだろう……」と思ってしまいました。

遠出するときと比べて荷造りが適当でいいのはよかったです。
万が一忘れ物しても取りに帰れますし、逆に荷物が重くなる心配をせずになんでも持っていけます。
飲み物やお菓子も家から持っていきました。

フロントの様子

フロントに行き、名乗る前から「◯◯様、ようこそお越しくださいました」と言われて驚きました。
子ども連れがわたしたちだけだったのかもしれません。
あるいはなんらかの能力で見破っているのでしょうか。

スタッフの方はすごくフレンドリーな雰囲気でした。
娘にも「よく来たね」と話しかけてくれて、親戚の家に来たような気分になりました。

アメニティサービス

女性にはアメニティサービスがあります。
スーパーホテルによって自分で選べるところと、すでにセットになっているところがありますが、大津駅前は好きなアメニティを5個選べるタイプでした。

クレンジング、洗顔料、化粧水、乳液、入浴剤、ボディクリーム、日焼け止め、マウスウォッシュ、ヘアゴムなど、豊富なラインアップから自由に選べます。
娘も選んでいいと言われ、5個もらっていました。

室内の様子

スーパーホテル大津駅前の室内

外観から想像するに少し古いかと思っていましたが、中はきれいでした。
普段の生活圏内であるローソン大津駅前店が窓から見えて、なんともいえない気分になりました。

スーパーホテル大津駅前のテーブル

テーブルにはキットカットとメッセージが置かれていて、歓迎ムードが感じられます。

着いてすぐシャワーを浴び、家から持ってきた飲み物とお菓子でミニパーティーをしました。

朝食

朝食はコロナウイルス感染防止のため、バイキングではなくお弁当でした。
近江牛カレーと、和風弁当、焼き魚弁当、揚げ物弁当から選べました。

スーパーホテル大津駅前のお弁当

朝食バイキングではパン派なのでその点は残念ですが、無料でお弁当が食べられるのはありがたいですね。
ドリンクバーも開放されていて、味噌汁も飲めました。
6月中旬からはバイキングに戻るようです。

帰宅

スーパーホテルは前金制なので、チェックアウトの必要はなくスムーズに帰れます。
夫と「知ってる人に会ったらちょっと恥ずかしいね」なんて言いながらホテルを出ました。

普通の旅行ならこれから楽しむところですが、朝食を食べてすぐに帰宅。
朝の9:00には自宅に着き、洗濯をして一日をはじめました。

感想

ほかに泊まっている人いるのかな? と思っていましたが、何組かいました。
大津地方裁判所や大津びわ湖合同庁舎、滋賀県庁が近いので、仕事で大津に来る人には便利です。

京都駅からJRで10分+徒歩5分なので、安く泊まって京都観光したい!という人にもいいと思います。
もちろん大津観光の拠点にも使えますが、できれば琵琶湖ホテルやびわ湖大津プリンスホテルに泊まってほしいな~なんて思ってしまいます。

また泊まりたいかと聞かれたら「そうでもない」というのが正直なところですが、娘は楽しかったそうで、行ってよかったです。

タイトルとURLをコピーしました