じんけんフェスタしが2018に行ってきました

2018年9月17日にピアザ淡海でじんけんフェスタが行われました。
「みんなちがってええやん」をテーマに、
ステージイベントやパネル展示などが行われていました。

じんけんフェスタしがの看板

ぬりえ展示

このイベントに足を運んだ理由は、
子どもが幼稚園で塗ったぬりえが展示されるということでした。
ジンケンダーのぬりえ

こんな感じで展示されていました。
市内の幼稚園や保育園の子どもたちが塗ったジンケンダーです。
氏名欄に名前を書かずに番号だけ書いてある園もあって、
個人情報に配慮しているのだなぁと思いました。

みんなジンケンダーを自由な色で塗っていて、
「みんなちがってみんないい」とはこういうことなのかと実感しました。

おはなし劇場

ピアザホールでは歌のお姉さん「ぽんぴんず」のおはなし劇場が行われました。
劇と歌があって、子どもと一緒に見に行った夫によると「感動した」とのこと。
「手のひらを太陽に」の手話を習ったそうで、家で見せてくれました。

インターネットと人権侵害

子どもと夫がおはなし劇場を見に行っている間、
わたしはインターネットと人権についての講義を聞いていました。
被害者にも加害者にもならない努力をしましょうというお話です。

ネット上の誹謗中傷には削除義務はなく、
損害賠償を求めても裁判費用のほうがかかるという話など、勉強になりました。

パネル展示

大会議室では人権啓発パネル展が行われていました。
キャッフィーとチャッフィーもお目見え。
キャッフィーとチャッフィー

ジンケンダーのパネルとも写真が撮れます。
ジンケンダー

会場の6ヶ所を回るスタンプラリーでは色えんぴつがもらえて、
子どもが喜んでいました。

ほかにも世界の民族衣装を着る体験コーナーがあったり、
飲食・物販コーナーがあったり、楽しいイベントでした。

管理人からのお知らせ

管理人からのお知らせ

スポンサーリンク

シェア大歓迎です!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えを半角数字で入力してください *