「大トンボと琵琶湖文化館」写真パネル展が開催中(2022年11月)

現在休館中の琵琶湖文化館。
屋根にある大トンボが、老朽化のため取り外されることになりました。

工事に先駆け、琵琶湖文化館では「記録に残そう大作戦!」と銘打って琵琶湖文化館の写真を募集。
11月30日まで、滋賀県庁とびわ湖浜大津駅で投稿された写真を展示しています。

琵琶湖文化館

こちらが大津市打出浜にある琵琶湖文化館。
琵琶湖文化館

現在休館中で一般公開はされていませんが、文化財講座や県内の文化財調査などの活動は行っています。
琵琶湖文化館

屋根に取り付けられた大トンボが近く取り外されることになり、8月25日~10月11日まで、琵琶湖文化館で写真を募集していました。
琵琶湖文化館

写真パネル展

パネル展は11月15日~30日の日程で、滋賀県庁とびわ湖浜大津駅で行われています。
いずれも展示内容は同じです。

滋賀県庁

県庁のほうは土日祝がお休みなので、平日の8:30~17:15が観覧時間です。
滋賀県庁

2階の本館~新館の渡り廊下に展示されています。
けっこう迷ってたどり着いたので、県庁の構造に詳しくない人はびわ湖浜大津駅で見るのがおすすめです。
滋賀県庁のパネル展

びわ湖浜大津駅

びわ湖浜大津駅では、改札を出て琵琶湖側のターミナルデッキに展示しています。
びわ湖浜大津駅のパネル展

存在しないと思われてきた大トンボの設計図が発見されたのだとか。
パネル展

わたしがこれまでに撮った写真にも琵琶湖文化館が写っていたので、4枚投稿しています。
パネル展

歴史を感じる写真やきれいな写真が並んでいるので、近くを通った際はぜひご覧ください。
投稿写真は琵琶湖文化館のホームページでも見られます。
記録に残そう大作戦!大トンボと琵琶湖文化館

タイトルとURLをコピーしました