大津市長等ふれあいカフェ「楽」の美文字カフェに参加してきました

菱屋町商店街にあるふれあいカフェ「楽」では
定期的にさまざまなイベントを行っています。

気になっていた「美文字カフェ」に参加してきたので
その様子をリポートします。

ふれあいカフェ楽の場所と営業時間

ふれあいカフェ楽は菱屋町商店街にあります。
となりは認知症高齢者グループホームの楽日荘です。

カフェ楽の入口

ふれあいカフェ楽の営業時間は10:00~15:00。
水曜日と木曜日がお休みです。

ふれあいカフェ楽のイベント

ふれあいカフェ楽では美文字カフェをはじめ、将棋カフェ、仏像彫刻カフェ、
歌声カフェ、健康相談カフェ、びわこ哲学カフェといったイベントが行われています。
カフェ楽8月のイベント

カフェ楽の掲示板

お店の前を通りかかるたびに気になっていたのですが、
なかなか行けずにいました。

行かなかった理由は「行こうと思っても開催日を忘れる」という
やる気のない理由なので、あとはわたしの気持ち次第でした。

美文字カフェ

8月30日の美文字カフェはきちんとメモしておきました。
子どもも昼寝をせずにご機嫌だったので、満を持して参加することになりました。

参加費は250円

参加費は250円(ワンドリンク付)となっていますが、
ドリンク代がもともと250円です。
ワンオーダーすれば美文字練習もついてくるという仕組みです。
わたしはオレンジジュースをいただきました。

ふれあいカフェ楽のメニュー

まずは練習

時間は13:30~15:00となっていましたが、
一斉に始めるわけではなくて、自由に来て自由に始める感じです。

公文書写教室の先生が練習用紙をくれるので、
自分の名前や季節の言葉を練習します。
筆記用具も貸してもらえるので、手ぶらで行ってOKです。

カフェ楽のテーブル

先生の指導

わたしは家族の名前を練習しました。
自分が書いたものを先生が赤ペンでアドバイスしてくれます。
とめ・はね・はらいの細かい部分もチェックしてもらえました。

3歳の子どもも一緒に名前を練習していました。
書けないながらも少しずつ形に近づいてきた感じがします。

最後に清書

最後はカードや一筆箋に練習した言葉を清書します。
清書で失敗するというのはあるあるですね。
不本意な出来になってしまったので、リベンジしたいです。

子どもは名刺サイズのカードに名前を書き、
先生にもらったシールを貼って自分の名刺にしていました。

美文字カフェの雰囲気

それぞれが自分のペースで練習するので、
周りの人と一緒に何かをするわけではありません。

参加者はグループホームの利用者と思われるお年寄りが多かったです。
子どもはモテモテで、たくさん話しかけてもらっていました。

ふれあいカフェ楽と公文書写

美文字カフェはだいたい2ヶ月に1回程度開催しているそうです。
気軽に参加できたので、ちょっと行きづらいと思っている方も
思い切って行ってみてはいかがでしょうか。

美文字カフェとは別に、ふれあいカフェ楽では公文の書写教室もやっています。
毎週木曜日の14:30~で、ペン習字・かきかた・筆ペン・毛筆から選べるとのこと。
随時体験教室もやっているそうですよ。

スポンサーリンク

シェアはこちらからどうぞ

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えを半角数字で入力してください *