大津パルコで「カンパイ!広島県」を配布中

広島県が作成している「広島県究極のガイドブック」。
無料とは思えないクオリティの高さが特徴です。

第一弾の「泣ける!広島県」は大人気で
なかなか入手できないことが話題になりました。

なぜか大津パルコにあった

2015年6月16日から一般配布を行っている
第二弾の「カンパイ!広島県」。

わたしはこのことを全く知らなかったのですが
きょうパルコに行ったら1階入り口近くに置いてありました。

カンパイ広島県

調べてみたら全国のパルコやロフトで配布しているとのこと。
すでに品切れになっているところも多いみたいです。

大津で残っているのはそれだけお客さんが少ないのだなぁと
うれしいような悲しいような気持ちです。

広島に行きたくなる

カープファンなので広島には数回行ったことがあります。
「カンパイ!広島県」には広島県のディープな情報が満載です。

広島市街や宮島などありきたりな観光地しか行ったことがないので
もっといろんなところに行きたくなりました。

余談ですがペンネームの「宮島ムー」も
広島県の宮島から取っています。

ガイドブックの中ではもみじ饅頭特集が良かったです。
48種類ものもみじ饅頭が紹介されています。

広島に興味がない方でも楽しく読めると思います。
見つけたら手に取ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェア大歓迎です!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えを半角数字で入力してください *