ミシガンナイトクルーズに乗ってきました(2022年7月)

ことし2022年に40周年を迎えた観光船ミシガン。
通常は昼間だけの運行ですが、9/25までの土日祝と、8/6~8/15の期間限定で、ミシガンナイト便を運行しています。

これまで10回以上ミシガンに乗船していますが、ナイトクルーズは今回がはじめて!
風景の変化が楽しめて、昼間とは違った味わいがありました。

ミシガンナイトクルーズ

ミシガンナイトクルーズは18:30~20:00の90分間。
乗船料は大人3,200円、学生2,600円、小人1,600円です。

7月下旬なのでまだ明るいですが、昼間とは光の当たり方が違います。
出港前のミシガン

ディナーを申し込んでいる人は18:00から乗船できるそうです。
わたしたちは自由席だったので、18:20からの乗船でした。

ミシガンナイトの景色

この時間の琵琶湖を見たことがなかったなと思いました。
日没頃のミシガン

この日は雲の具合もいい感じでした。
ミシガンからのながめ

飽きずに見ていられる空。
通常のミシガンクルーズより4階デッキに出ている人が多かったです。
ミシガンから見た空

日が沈んでいくところがよく見えます。
ミシガンから見た夕暮れ

ミシガンの軌道。
ミシガンナイトクルーズ

ミシガングルメ

3階ミシガンバーでは予約なしで軽食が食べられます。

はじめて食べた近江鶏バターチキンカレー(900円)。
スパイシーなカレーに柔らかいチキンが入っていておいしかったです。
欲を言えばごはんにかけて食べたかった!
ミシガンのバターチキンカレー

こちらはミニアメリカンドッグ5本入り(400円)。
ミシガンのミニアメリカンドッグ

これは昨年撮った写真ですが、近江牛入りミシガンバーガーもおすすめです。
ミシガンの近江牛ハンバーガーセット

このあたりではなかなか食べられないレベルの、ボリューミーで満足感の高いハンバーガーです。
ポテトとドリンクセット(1,600円)はポテトたっぷりで、おなかいっぱいになります。

ミシガンショー

19:35からは3階ステージでミシガンショーがあります。
この日のシンガーはぴかさんとかずまさんとゆっこさん。
ミシガンショー

「愛」がテーマになっていて、昼間のミシガンよりも大人っぽい曲が多かったです。
胸にじーんとくる、見事な歌声でした。

こちらはなりきり船長サンバイザー。
小学生以下の子どもがもらえます(8月31日まで)。
ミシガンサンバイザー

夜の大津港

大津港に戻ってきたら、すっかり夜になっています。
びわこ花噴水がとてもきれい!
ミシガンナイト花噴水

船を降りたあとも、ライトアップされたミシガンに見入ってしまいます。
この日はたまたま遠くで花火が上がっていました。
ミシガンナイトクルーズ

昼のミシガンとの違い

乗ってみて気付いた昼のミシガンとの違いをご紹介します。

出港式や観光案内がない

昼のミシガンはミシガンパーサーが出てきて、ドラを鳴らして出港するのですが、ミシガンナイトはそれがなくて気付いたら出港していました。
観光案内のアナウンスもなく、ミシガンパーサーが出てくるのはショーのときだけです。

途中の港に立ち寄らない

びわ湖大津館やびわ湖大津プリンスホテルには立ち寄りません。

写真屋さんが来ない

昼のミシガンには写真屋さんが乗っていて、グループごとに写真を撮って販売してくれます(購入は任意)。
いつも断るのが心苦しいので、ミシガンナイトはその心配がなくてよかったです。

船長室が見えない

3階の船長室のガラス張り部分が見えなくなっていました。

オーポータブルが開いていない

これは大津港のほうの話ですが、カフェやお土産売場が17時には閉まっています。

ぜひ一度乗ってほしい

はじめてのミシガンナイトクルーズ、変わりゆく景色を見て、ショーを楽しんでいるうちに、あっという間に90分が過ぎました。

とにかく言えることは昼も夜もミシガンクルーズは最高ということです。
コロナで遠出がしづらい現状、ミシガンに乗るだけでも旅行気分が味わえます。

詳しいことは琵琶湖汽船公式サイトでご確認ください。
琵琶湖汽船 ミシガンナイトクルーズ

じゃらん遊び体験で予約すると、じゃらんクーポンやdポイントが使えるのでおすすめです!
【じゃらん遊び体験】ミシガンクルーズ

タイトルとURLをコピーしました