JRの昼特きっぷが2018年秋で廃止、大津-大阪の運賃が高くなる

先日、JR西日本の昼特きっぷ廃止が発表されました。
発売終了となるのは来年2018年9月末の予定です。

滋賀県から大阪方面に行くには欠かせない存在だった昼特きっぷ。
わたしも金券ショップで購入して、よく利用しています。
このたびの廃止の知らせにはとても驚きました。
発表当日のツイートです。

昼特きっぷとは

昼特の愛称でおなじみの「昼間特割きっぷ」。
平日の10:00~17:00と、土日祝に使うことができます。

関西ではおなじみ

関西ではよく使われていますが、全国的なものではありません。
わたしも関西に来て「そんなきっぷがあるのかー」と知りました。

きっぷの存在以上に、駅前で簡単に買えることが驚きでした。
大津駅の近くにも金券ショップや金券自動販売機があり、
昼特きっぷを1枚から購入することができます。

驚きの割引率

JR大津駅からJR大阪駅は定価で970円ですが、
大津駅前の金券自動販売機なら昼特きっぷで640円になります。

駅で直接購入すればもっと安いです。
京都-大阪は6枚で2,100円ですから、1枚あたり350円。
大津-京都の普通運賃200円と合わせても550円です。

ただし、京都-大阪の昼特きっぷは京都駅か大阪駅でしか買えません。
大津駅では購入できないのでご注意ください。

昼特きっぷ廃止で運賃はいくら上がる?

昼特きっぷがなくなったからといって、大阪に行けなくなるわけではありません。
実質的には値上げということになるでしょうか。

ICOCAのポイントサービスがはじまるということですが、
どれほどの還元率があるのか気になるところです。

きっぷを分割する

昼特きっぷの廃止後、大津駅から大阪駅に行くために、
定価の970円を払う必要があるかというと、そうとも限りません。

大津から京都の運賃は200円、京都から大阪の運賃は560円なので、
京都で分割するだけで760円になります。

大津駅の駅員さんにこのことについて尋ねたところ、
大津駅でも京都分割のきっぷを作ってもらえるとのことです。

普通回数券を利用する

また、普通回数券は昼特廃止後も続くでしょうから、
金券ショップで普通回数券を購入することはできます。
大津駅前の金券自動販売機では大津-大阪の普通回数券が730円で売っています。

金券ショップはどうなる?

ツイートで「金券ショップはつぶれそう」と書きましたが、
一概にそうとも言い切れないでしょう。
金券ショップで普通回数券を買えば、普通にきっぷを買うより安いからです。
事実、昼特きっぷのない静岡でも金券ショップは営業しています。

しかし金券ショップに行く暇がないときは、
「あんまり変わらないし駅で買おうかな」となるかもしれないので、
多少は売上が落ちるかもしれません。

宝塚に行くのが高くなる

昼特廃止と聞いて一番に思ったのは、宝塚に行くのが高くなるなということでした。
大津駅から宝塚駅は定価1,320円ですが、
大津駅前の「ときめきチケット」で昼特きっぷを買うと940円です。
普通回数券だと1,040円なので、
わたしにとって片道100円の値上がりということになります。

昼特が安すぎたといえばそうなのですが、
使い慣れたものがなくなるのはショックなものです。

大津駅周辺の金券ショップはこちらの記事でまとめています。
また新たに写真を撮り直さないとなりませんね。

大津駅周辺の金券ショップ・金券自動販売機をまとめました
少しでも交通費を節約したい人にとって、うれしい格安きっぷ。 わたしもよく利用しています。 大津駅周辺の金券ショップや金券自動販売機をまとめました。 ※この記事の内容は随時更新していますが...
管理人からのお知らせ

管理人からのお知らせ

スポンサーリンク

シェア大歓迎です!

コメント

  1. lino より:

    昼特きっぷの廃止、知りませんでした。ショックです。
    こちらの記事で教えていただきました。ありがとうございます。
    これから普通切符を金券ショップで買うことになるのかな~と考えています。

    ヅカメモ、またお時間に余裕ができたら、記事をのせてくださいね。
    お待ちしています。

    • 宮島ムー より:

      linoさん、コメントありがとうございます。

      昼特きっぷなくなるのショックですよね。
      ヅカメモも時間ができたら復活します。
      温かいお言葉をかけてくださり、ありがとうございました。

  2. シュンくん より:

    私鉄も昼得なくなりますね。
    対策としては、大津駅からだと、奈良線の東福寺駅もしくは稲荷駅で京阪に乗り換えます。予め、京阪株主優待切符が370円くらいで金券ショップで購入しておきましょう。
    天王寺行くのなら、京橋で乗り換えですし、行く場所で降りる駅を決めましょう。正規料金だと、JRの大津から稲荷まで240円+京阪本線400円です。
    もう一つは、JRの大津から向日町(正規料金で240円)まで乗り、阪急東向日まで歩き、阪急に乗り換えます(700m8分くらい)。阪急株主優待切符は390円くらい、東向日から梅田まで370円くらいで販売していますので、予め購入しておきましょう。
    こうする事により、格安で梅田や神戸三宮などに移動できますね。

  3. YOSHIDA より:

    阪急は回数券の販売が9月いっぱいでなくなりますね。回数カードのみの販売になるようです(回数カードを使って回数券を発行することはできますが、有効期限は回数券を発行した当日のみです)。
    一応金券ショップも回数券のバラ売りはできますが、有効期限が当日のみになるので手間がかかって面倒くさそうです。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

答えを半角数字で入力してください *